皮膚一次刺激性試験

*皮膚一次刺激性試験とは皮膚に本溶剤を適用し、その刺激反応を調べる試験です。

本製品は、無刺激性の結果が確認されました。

  • 試験概要
  • 皮膚粘膜清浄剤を検体として、OECD Guidelines for the Testing of Chemicals
    404(2002)に基準し、ウサギを用いた皮膚一次刺激性を調べる。
    検体をウサギ3匹の無傷及び有傷皮膚に24時間」開放適用した。

  • 試験結果
  • その結果、除去後1時間に2列で非常に軽度な紅班が見られたが、24時間後に消失した。
    Federal Register(1972)に準拠して求めた一次刺激性インデックス(P.I.I.)は
    0.1となり、ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験において、検体は「無刺激性」の範疇に
    入るものと評価されました。

  • 検体
  • 皮膚粘膜清浄剤-W5

  • 試験実施施設
  • 財団法人 日本食品分析センター多摩研究所

    皮膚一次刺激性試験(ウサギ)