安全性試験

(試験実施施:設財団法人 日本食品分析センター 多摩研究所)

INDEX(詳細は青いタイトルをクリックしてください。)

  • インフルエンザ不活化試験
  • *不活化とはインフルエンザウィルス自体の持つ様々な作用(たとえば遺伝子のコピー機能)を完全に抑える事を意味します。

  • ノロウィルス不活化試験
  • *不活化とはロウィルスウィルス自体の持つ様々な作用(たとえば遺伝子のコピー機能)を完全に抑える事を意味します。

  • マウスを用いた急性経口毒性試験
  • *口の中に液剤が入っても毒性が無い事を確認する試験です。

  • ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験
  • *皮膚一次刺激性試験とは皮膚に本溶剤を適用し、その刺激反応の程度を調べる試験。

  • モルモットを用いたMaximizaition法による皮膚感作性試験
  • *皮膚感作性試験とは遅延性過敏反応の一つで、化学物質による過剰な免疫反応により皮膚にかぶれが起こる現象を調べる試験です。

  • ウサギを用いた眼刺激性試験
  • *眼刺激性試験と眼に本溶剤を適用し、その刺激反応の程度を調べる試験です。